smtwtfs
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
My Profile by iddy
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
<< 狭いところ | main | ワン! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

-

サマー・タイムマシン・ブルース


評価:★★★★★

 「サマー・タイムマシン・ブルース」観て来ました。「踊る大走査線」シリーズの本広克行監督作品なのですが、まったく違った感じの作品。でもとっても楽しくおもしろく見ることができました。
 とある田舎のとある大学の、SF研究なんてちっともやっていないSF研究会。ある日、部室にいきなりタイムマシンが登場。遊びで仲間の一人を昨日へタイムスリップさせたものの、大変な事実が発覚。つじつま合わせのために昨日と今日を何回も行き来するドタバタ青春コメディ。
 という感じのストーリーでした。じわじわと来る笑いが細かく埋め込まれています。タイムマシンとかSFと聞くと、ごたいそうな映画と結びついてしまいがちですが、これはものすごーくくだらなくてとっても身近。へんにリアルです。
 2005年の設定のわりにやたらとレトロな町並みになんでもありのゴッチャゴチャな部室。映像もAGFAを思わせるようなパッキリカラーで、そういう美術的な要素にもこだわっているのがよく分かりました。
 若い俳優陣もエネルギッシュないい演技を見せてくれました。ちょっとオマヌケでおバカな部員たちが実にナイス。モデル出身、劇団出身、お笑い出身などなど様々な分野の人たちなのに、すごい一体感。あ、瑛太と上野樹里の二人って「ウォーターボーイズ」×「スウィングガールズ」の矢口史靖作品のコンビなんだ。佐々木蔵之介の真面目さがおかしい演技はこの作品でも光ってます。
 かなり満足度の高い映画でした。何度も見返したい映画。ものすごく話題性があったり、豪華な出演陣だったり、膨大なお金をかけているわけじゃないけど、誰が見ても楽しめる映画なんじゃないかな?

映画

comments(0)

スポンサーサイト

-

-

comment









trackback
url:http://roadmovie.jugem.jp/trackback/237
B子の日記帳, 2005/09/07 8:28 PM

ダーと映画「サマータイムマシンブルース」を鑑賞した。 いやーくだらない。しょうもない。でもそこがイイ! 青春っていいなぁ…なんて思ったり。 上野樹里ちゃん、超可愛い 今ひそかにいちばん注目してる女優さん。 金田一、楽しみ。 いい女塾参加中