smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
My Profile by iddy
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
<< エアメールウォレット | main | 今月の本棚 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

-

ヘンリー・ダーガー展

先日「ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語―夢の楽園」展を観に行きました。NHKの新日曜美術館でヘンリー・ダーガーが取り上げられていて、マットにくるまって床にころころと転がる少女の絵や、死ぬまで誰の目に触れることもないままに一万五千ページにもおよぶ絵本を創作していたことなど、怖いけれど見たいような気持ちになって足を運ぶまでにいたりました。
 ダーガーの絵は、やっぱりはじめは怖かった。裸の少女たちになぜかおちんちんがついていたり、首をしめられてぐえっと舌を出して白目を向いているシーンがあったり。幼い頃の家庭の事情や、知的障害からきているものだという背景を知って納得です。新聞や雑誌をコラージュしたりトレースして作り上げられた空想の世界は、きれいな色使いとは裏腹にどこかぎこちなくて、ダーガーその人を表しているもののように感じました。ダーガーは生涯を通じて友人はいなかったそうだけれど、あの世界の住人として暮らしていたのであれば寂しくはなかったのだろうなぁ。
 

art art art

comments(1)

スポンサーサイト

-

-

comment
-, 2012/01/27 11:05 AM

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://roadmovie.jugem.jp/trackback/392